2017年2月7日火曜日

Chef étoilé du Languedoc d'aujourd'hui

不思議な縁はあるものです。数十年前ラングドックにはそれほど有名なレストランはありませんでした。先に紹介したモンペリエのプーセル兄弟のジャルダン・デ・サンス位なもので同じ南仏でもプロヴァンスと比べるとガストロノミーなレストランは少ないという印象でした。

そんな中私がこの土地の魅力にとりつかれていた頃、雑誌で気になるレストランを見つけました。場所はBeziere。いつか行きたいなと思いながら月日が流れました。

ある日たまたまYoutubeで発見したシェフ。何か見覚えがあるな〜と思いながら見ていると急に記憶がつながりました。あの時雑誌で見たシェフではないか!

彼の名前はPierre Auge、今では若手スターシェフの一人です。そのうえ前回のイデアル・ディレクトでご紹介したValjuliusのJulienの親友だという。これは何かの縁だ!と勝手思い込み今回訪問したいと思いJulienに話しました。彼はもちろん私の申し出を受け入れてくれて今回の滞在中に一緒に行くことになってたのですが、3日当日Julienが風邪でダウン!

Julienには悪いけどPierre Augeの料理を是非食べてみたかったので自分一人で店に向かうも満席で無理!目の前にご馳走があるのみ食べられない犬のような。

後でJulienに聞くとラングドックのみならず各地からお客が来るそうな。彼のコンセプトはガストロノミーな料理をビストロのような気軽さで提供するとゆうもの。先に訪れたプーセル兄弟の新店舗も同じコンセプトで高級料理の味わいを気軽に広く提供するという考え方です。そりゃお客が集まるわけです。

後ろ髪を引かれながら今回は諦めましたが次回は必ず行ってやる。今回結構楽しみにしていたイベントだったので本当に残念でした。

Pierre Auge

La maison de Petit Pierre

Plat de pierre Auge

皆さんもBeziereに行かれる際には是非
http://www.lamaisondepetitpierre.fr/


                                      それでは皆さま a la prochaine fois !








0 件のコメント:

コメントを投稿