2018年2月21日水曜日

Fin de VINISUD 2018!

VINISUD最終日。造り手の皆様3日間お疲れ様でした。最終日はさすがに行く先々で皆さん顔が疲れてましたね。本当にお疲れ様でした。

今回は多くの収穫があり充実したサロンでした。各国の注目も高まっている中で益々このエリアのワインが広まることが嬉しく思います。造り手と買い手のパワーバランスが取れてくればより良い状況となり品質の向上に繋がります。

最終日にMaster Classに出席し講義を受けてきました。講師はイギリス人のM.WであるElizabeth Gabay女史。Author of Rosé Wine Bookタイトルでの講義です。

女史自身無類のロゼ好きで同タイトルの本も出版している程。世界各国のロゼワインを7種試飲しながら各ワインの説明やロゼの可能性や歴史を語ってくださいました。

講義後、女史に「何故ロゼが好きなのですか?」との質問をしてみました。曰く「ロゼは人を幸せにするから」との答え。

素敵な答えです。確かに嬉しかったりお祝いの時など真っ先に頭に浮かびますし、ロゼを飲んでいると華やかな気分になり自然と笑顔になる気がします。ほんとその通りロゼは人を幸せにするのだと思います。


充実サロンも終わり明日からは現地入りします。サロンでは味わいは確かめられますがやっぱり現地を見ないといけません。次回からは現地の情報をアップします。





0 件のコメント:

コメントを投稿