2018年2月22日木曜日

La plateaux et terrasses du Larzac

現地入りしました。前日に連絡が入り午前中は昨年夏に皆様にご紹介したAlain Caujolle Gazetに...

昨年5月のワイナリーツアーで皆様をお連れした蔵でもあります。この時、当初予定に入ってなかったのですがFBを見て私がフランスに来ていることを知ったAlainから連絡が入り急遽訪問させていただいた次第です。結果、皆様に大変喜んでいただけました。

今回も私がVINISUDに来てる事をFBで知りVINISUD会期中に「会期が終わったら蔵で待ってるよ」とメッセージをもらい昨年のお礼も兼ねて訪問してきま
した。Alain Caujolleは今年からVINISUDには出展しないそうです。ワインがすでに予約で押さえられていて売れるワインが無いからだそうです。流石です!しかし長年の付き合いで私には売ってくれるそうです。

この蔵はラルザック山脈の上にあり標高は700mを超えます。昼夜の寒暖差も激しく夜の寒冷な気候からフレッシュな果実味と酸が生まれます。アラン・コージョルのワインはどれも瑞々しくフレッシュ感がありエレガントでバランスの良さが特徴です。この土地でしか作り出せない味わいなのですが、これを求めてこの地に移動しました。

ラングドックでも優良なテロワールとされるTerrasses du Larzac(テラス・デュ・ラルザック)はAOPになっており上質なワインを産出するエリアとして知られています。が、アランの蔵がある場所は同じラルザックでも山の上でTerrasses(麓)のエリアとは全く違うものです。訪問する際の道程でも違いが実感できるほど高地にあります。よくもこんな場所に...

Petit Coulet 2014は昨年も輸入しましたが再度蔵で飲ませてもらいました。3年ちょっとの熟成ですが物凄い香りです。全開ちょっと前位でしょうか昨年よりもはるかに香りに厚みが出てきてます。このまま飲み込みたい!

ロゼ、白は2017年なのでタンクから直接のものを試飲。瓶詰めは4月だそうです。ロゼ抜群です。他の生産者も言ってましたが2017年は特別な作柄になったそうです。味わいからも充実した果汁が得られた事が実感できます。2016年よりも熟成に時間がかかるだろうと言ってました。同感です!

ランチを共にしているときにアランの考えるそれぞれのワインの飲み頃とその理由を聞きました。う〜ん!この人外見とは違いかなり緻密に考える人です。それぞれの理由も「なるほど」と腑に落ちました。作る人の理想はワインが出来上がる前からその人の中にあるんですね!それを具現化していくのに「時間」を使って理想的な瞬間を捉える訳です。奥が深い!この世界はまり込んだら抜けられない訳です。

アランと相棒のブノワ、色々とありがとうございました。ご馳走になりました。ブノワは日本好きでよく勉強していて色々なことを知ってます。巻きずしとかいなりとか連発してました。なので来年は私が食材持って和食を作る約束をし次の訪問先へ...

Merci bien a la prochaine fois!




0 件のコメント:

コメントを投稿